「はだしのゲン」公演アンケートより

一般公演

日時

第59回関東地区母と女性教職員の会アンケート 2012年8月9日
横浜ローズホテル
岐阜県私立多治見西高校 2010年10月28日
多治見市文化会館
北海道教職員組合旭川支部 2009年9月9日(水)
旭川市民文化会館小ホール
鳥取公演 主催 高教組 2009.8.22
天草「ポルト」 天草九条の会  2009.8.29
熊本市「人権啓発セミナー 平成21年8月31日(月)
崇城大学市民ホール(熊本市民会館)大会議室
松戸市民会館 1200人 2008年5月3日
大野地区「憲法講演会」 2006年3月1日
愛媛県実行委員会代表松本修次 2003年10月22日
千葉県子どものための
舞台芸術関係者による核兵器廃絶 
を実現する会・北総地区

1997.6.8.千葉勝田台文化センターにて


第59回関東地区母と女性教職員の会アンケート(全体会・交流会)
 戦争を知らない私にとって、とてもショッキングなことでしたが、日本人としてつないで いかなければならないことなんだなぁと感じることができました。神田さんのおかげで生 命の尊厳と平和への希求、そして人としてのあり方について、とても感じ入ることができ ました。一人一人のかけがえのない生命が、安心して安全に生きていける世の中に貢献で きる人でありたいと思いました。本当にありがとうございました。このような機会をいた だくことができて本当に幸せです。ありがとうございました。

 神田さんのお話は、メリハリがあり聞きやすかったです。言葉の持つ力を改めて感じまし た。講談というジャンルの面白さも分かりました。講談というジャンルになじみのない私 にとっては、斬新でした。又、神田さんは、母親として、又子育てをする(してきた)キ ャリアウーマンとしてこれまでがんばってこられたことがよく分かり、共感できる部分が たくさんありました。滑舌の練習も楽しかったです。是非続けてみたいと思います。(朗読 の先生も、ほうれい線が消えますから、だまされたと思ってやってみて下さいねって、神 田さんと同じことをおっしゃっていました。)貴重な時間を有り難うございました。今後も、 戦争体験や被爆体験を語り継ぐ講談を是非続けて下さいね。応援しています。

「はだしのゲン」と前のお話もとても心に残りました。福島の様子や今のこと、横浜、チ ェルノブイリのこと頭の中に情景が浮かんできました。「はだしのゲン」は、学校で子ども 達が夢中で読んでいます。自分の子どもの頃もあった漫画です。でも、読めばつらいのが 目に見えるので避けていた話でした。だから原作そのものでありませんが、いい機会にな りました。また、神田香織さんの素敵な講談に、講談のおもしろさ(話す声だけでその話 の世界に入れるのは、すごいです)を改めて感じることができました。ありがとうござい ました。

 今日は、8月9日、長崎原爆投下の日。今日に合った講演だと思いました。
はだしのゲン、もう一度きちんと読み直そうと思いました。目の前の家族をおいて生きる ために歩き出すシーン。ものすごくつらいものでした。現実にあったことかと思うととて もしんどいです。戦争は二度としない。原発も大丈夫、反対です。正しいことは正しいと 言うぞ!!

 神田香織さんのお話には、気付いた時から行動に移す勇気を頂きました。講談「新版 は だしのゲン」はつい先日アニメーション「はだしのゲン」と映画「はだしのゲンが見たヒ ロシマ」を観たばかりでもあり、鮮明に状況が目に浮かび、涙が止まりませんでした。原 発事故、オスプレイ配備、人々が望む平和な世界を実現するために、それに反するいろい ろなことに対して自分なりの方法で、行動していくことが大切だと思いました。

 力強い講談師・神田香織さんの熱きメッセージをたっぷり受け止めることができる今の私 を本当に幸せに思います。最初の一句から、会場内の人々をぐっと引きつける魅力は、あ のような語り尽くせない人生の中からだからこそ、生まれたのでしょうね。真実を語る人 の生き方こそ、このように全てを受けとめ、そこからでも明るく生きていくという真実が なければいけないように思いました。何も起こらないことを平和というのではなく、いろ いろなことを引き受けて、たくさん心を遣い、たくさん傷もつくりながら、一人一人を大 切に、本当に苦しい努力をすることなのだと思います。平和でありたいと願うのであれば、 知らぬふり、見ぬふりをして関わらずに生きてしまうのでなく、より深く、より明るく、 これからも考えていきたいと思いました。本当に素晴らしい会をありがとうございました。

 講談師のお話は初めてだったのでどんなお話かと楽しみにしていました。はきはきとした 口調(語勢ということを知りました。仕事にも使えそうです。)、言葉遣い、間の取り方、 どれをとってもここち良く、一度でファンになりました。話の内容にも引き込まれました。 ぜひ静岡にも来て頂きたいと思いました。使命感という点でも感動することができました。

多治見西高校
多治見文化会館の大ホールで「はだしのゲン」。大ホールは照明音響抜群でとても語りやすかった。学校公演はぜひホールでお願いしたいものです。
多治見西高校は今年の春に広島の安田女子校から被爆桜を分けてもらい、育てている平和教育に熱心な高校だ。生徒会は女子ばかりが楽屋に挨拶s「男子は?」「よっとだけ」という元女子校。公演後の「感想」は原稿を読むのではなく、直後の思ったままの言葉でとても新鮮、心に響きました。多治見西校のみなさん、その意気でがんばって! 神田香織

多治見西高校生徒会:
このようなお言葉を頂き、ありがとうございます。驚いております。生徒会会長が香織様の好演直後にあのような感想を申し上げるとは全く思いませんでした。あのあと、会長はしきりに恥ずかしがっておりました。
翌日、全校生徒の感想を書いてもらいましたが、くれになってもまだまとめておりません。申し訳ありません。まとめましたら、お送りいたします。
本当にありがとうございました。
ご返事遅くなってしまい、誠に申し訳ありませんでした。

k-kaori:
メール、ありがとうございます。めったにコメントいただかないので、返事が遅くなってしまいました。読み返したら「よっとだけ」になってますね「ちょっとだけ」の間違いです(笑)感想文楽しみにしてます。来春の桜が楽しみですね。
(December 28, 2010 10:58:42)
多治見西高校生徒会:
ご返事ありがとうございます。
早速感想をまとめましたので、お読みください。

芸術鑑賞会感想
2年
・今まで講談というものを生で見ることができ、大変よかった。はだしのゲンでは原爆のシーンでその情景が頭に浮かぶような話し方をしてくださり、印象に残りました。
・常に笑顔で身振り手振りを入れて、飽きることなく聞くことができた。講談を初めて聞いたけれど、戦争のひどさや必死で生きるゲンの姿がとても伝わり、話の中に引きづり込まれていった。音響や証明も入れてとてもよかった。また見てみたい。
・お芝居がとてもうまく、怖さが伝わってきました。怖すぎて終わった後は、放心状態でした。とても戦争は怖いです。早く世界中で起こっている戦争や紛争が早く終わってくれることを願います。
・大変すばらしかったです。声色をそれぞれの人にあわせて変え、その場の状況を想像しやすく感動しました。講談を聞けてよかったです。
・今回初めて講談を聞けてとてもおもしろく興味を持ちました。前半は今まで知らなかった講談に触れてとても新鮮でした。知らないことがたくさんあるんだなあ、と思いました。後半では、漫画で見たことがあり、どのように話すのかと興味がありましたが、ぐるぐる変わっていく口調や動きに見入ってしまい、感動したし、おもしろかったです。お父さんたちと死に別れるシーンでは涙が出てきました。ありがとうございました。

3年
・背景がすごかった。戦争で本当にこんなふうだったとおもうとかわいそうだと思った。と同時に、戦争の恐ろしさを知った。今はとても幸せなんだと思った。
・とても内容が深いなあ、と思った。改めて学ぶことがあったのでよかった。すごくリアルに表現されていて、背景もリアルですごかった。戦争の話はすごく心に残って怖かったし、想像すると、本当に怖かった。でも講談という形で話を聞くのは初めてだったので、楽しく聞けました。
・戦争は本当に恐ろしいものだと思いました。あんなに深く戦争について聞けたのは初めてだったので、刺激が大きかったし、感動しました。いい経験になってよかったです。
・講談は全然堅苦しいものではなく、話の世界に引きづり込まれていくくらいおもしろかったです。また戦争について今まで何回か学ぶ機会があったけど、今回の講談は本当に自分が戦争を体験しているような感じでした。
・とても迫力があってよかったです。音や光など話にあわせて変わっていったので、おもしろかったです。でもやはり悲しい場面では悲しくなったり、恐ろしくなったり、私にも伝わってきてよかったです。上人物がたくさんいる中ですべて一人で演じていたことが本当にすごいなあ、と思いました。最後は子供が生まれて希望ができた感じでよかったなあ、と思い、ハッピーエンドでよかったです。

1年
・はだしのゲンは一度中学の時、映像で見ました。今回は立体講談でしたが、話を聞いていて、その場面が浮かんできました。声のトーンやボリュームを変えたり、音を使ったり、すごく迫力がありました。たたきながらやって、時が変わるように感じた。すごく工夫して語っているなあ、と思いました。映像なしであんな風にできるなんて、すごいなあ、と思いました、あのように話を聞くのは初めてでしたが、感動しました。
・「はだしのゲン」を声だけで表現するのは難しいけれど、すごい新しい表現方法ですごくよかった。はだしのゲンはテレビで見たことがあったから、神田さんの話を聞きながら、頭の中に映像が浮かんできて、リンクするように見えました。怒ったり、悲しんだり、苦しんだりを一人の声で表現するのは難しいけれど、すごい話芸だなあ、と思いました。
・生きていることの喜びを感じながら聞くことができました。これから生きていく喜びも感じながら聞くことができました。
・最初はどうなるのかなあ、と感じながら話を聞いていましたが、引きづり込まれていく自分を感じました。終わったのがとても早く感じた。とてもおもしろかったです。
・講談を初めて聞いたけれど、とてもおもしろかった。はだしのゲンがあんなに深い話とは思いもよらなかった。特に原爆が落ちた瞬間の光と音の表現がとてもびっくりしました。とても感動しました。ありがとうございました。

2009年9月9日(水)
旭川市民文化会館小ホール  講談「はだしのゲン」講演会感想
 先日は大変お忙しい中、旭川においでいただき、講談を聞かせていただきました。大変ありがとうございました。北教組旭川支部の組合員から下記のように感想が寄せられましたので、お送り致します。

小学校
1.講談を初めて聞きました。原爆の日をなるべく忠実に表されているのだろうなと、伝わってきました。生々しい場面もありましたが、これがまちがいなく現実の様子だったのだと思い、改めて原爆、戦争について考えさせられました。涙を流してしまいました。(北光小)
2.戦争中の生活の大変さ、原爆や戦争の恐ろしさを講談という迫力、臨場感のあるのもで聞かせていただき、とても心に響くものがありました。日が回ってきて家族が別れなくてはいけない場面では胸があつくなりました。多くのことを考えさせられる、貴重な体験となりました。ありがとうございました。(豊岡小)
3.私の知らない「戦争」がテーマでしたが、今その場で起こっていることのように感じられました。とても考えさせられました。すばらしい講演会をありがとうございました。(高台小)
4.以前にTV番組で「はだしのゲン」を再現したドラマを見たことがあり、今回の講談を聴かせてもらうことで、より鮮明に原爆のことが理解できたような気がします。戦争まっただ中で生活していた人々の苦しみや悲しみ、そして戦争への憎しみなどが神田さんの迫力ある講談で伝わってきました。私たちは今、当時の人達からみると本当に幸せに生活していると思います。私たちにとってその当時の悲しみを知ること、そして後世に語り継いで行くことが大切なのだと考えています。大変すばらしい講談を聴かせていただいた、神田香織さんありがとうございました。(旭川小)
5.講談師神田香織さんの迫力ある講談で、原爆投下で廃嘘となった広島で、力強く生きるゲンの姿を感じました。・「はだしのゲン」の話は知っていましたが、講談での表現で戦争当時の様子がより一層生き生きと伝わってきました。(東栄小)
6.初めて見させていただきましたが、とても迫力のある講談でした。広島での原爆の様子が生々しく感じられ、当時の人々のことを考えると